LPOとは

LPOの図

1、そもそも、LPOとは?

 

まずLPO(Landing Page Optimization)とは、ランディングページ最適化の略称です。

 

訪問したユーザーの目的に適した情報をランディングページに載せることで、ユーザーがコンバージョンに至るようにランディングページを改善していくことをLPOといいます。

ランディングページには、広告だけでなく自然検索結果ページからもユーザーが入ってくる可能性があります。

そのため、それらのユーザーの心を掴むようなランディングページを作成していくことが重要となります。

これらの事を踏まえて、LPOについて詳しく説明したいと思います。

 

※ランディンページとは、 ユーザーが検索結果画面からWebサイトへ訪問した際の最初に表示されるページです。(必ずしもトップページがランディングページとは限りません。)

※コンバージョンとは、webサイトが設定した目標に達した数のことです。webサイトが設定した目標とは、例えば商品購入であったり、見積もりや問い合わせ等になります。

 

 

2、LPOを行う上での大切なこと

 

LPOにおいて大切なのは、現在のランディングページにおける問題点を挙げ、また様々なデータから分析を行い、仮説を立てることです。

 

・流入の多いページはどこなのか?

・直帰率・離脱率の高いページは?

・滞在時間の長いページは?

・どの検索ワードから飛んできたのか?

・ユーザーは、サイト内でどのような行動をしたのか?

・どのようにコンバージョンに至ったのか?(一度離脱し、ブックマークから再来したのか?など)

・デザインはどうか?レイアウトはどうか?

・コンテンツは理解しやすいか?視覚的に見えにくくないか?

・見積もり・問い合わせまでのルートは適切か?などなど……

   ・

   ・ cialisvsviagranow

   ・

上記に挙げたような幅広い観点から問題点を分析します。

そこから、ユーザーが求めていること、つまりユーザーのニーズが見えてくると思います。

 

そして、これらを分析した結果を用いて仮説を立て、その仮説を組み込んだランディングページを制作します。

 

仮説に基づいたランディングページによってコンバージョン数は増加したのか、滞在時間は増えたのか?、直帰率は改善されたのか?などの観点から検証してみます。

仮説と検証を繰り返し行い、最適なランディングページに改善していきます。

 

決してランディングページを作り、それを公開して終わりではありません。

どのような結果を得ることができたのか?、実際にどんな反響・効果があったのか?、次なる問題点は?などをしっかりと検証することが大切です。

 

そして、仮説⇒制作⇒検証・分析によって得た情報を活用して、ユーザー目線でランディングページを改善し続けていくことで段々と訪問したユーザーにとって有益なwebサイトになっていくと思います。

 

3、LPOの手法について

 

次にLPOにおいて有効な手法の1つをご紹介します。

 

「ABテスト」

デザインやコンテンツ・色調等の異なった様々なランディングページ(Aパターン、Bパターンetc)を作成し、同じ条件の下でしばらくの間色々なパターンをテストします。

その中で、どのパターンのランディングページが最も効果的にコンバージョンに至らせることができたのかを検証します。また、直帰率やページ滞在時間などの観点からも分析します。

そして、最もコンバージョン率の高かったページについて特に注目し、そのページのデザインやコンテンツなどを採用してランディングページの改善に役立てます。

 

 

4、まとめ

 

今回LPOについて基本的な実施における考え方と手法の1つをご紹介させていただきました。

 

おさらいとして、LPOを行う際のポイントは以下の通りです。

 

1、ユーザーのニーズを的確に把握し、それをランディングページに反映しているか。

2、仮説⇒制作・公開⇒検証・分析⇒改善、このプロセスを繰り返し行う。

3、ABテストで様々なパターンをテストする。

 

 

また、LPO対策を行っていくことで、SEO対策やリスティング広告の効果を最大限に生かすことができます。

webサイトで利益を上げていくには、LPO対策はとても重要だとなります。

 

最後に、ユーザーのニーズ・意図を汲み取ったランディングページを試行錯誤しながら制作し、反響のあるwebサイトを作っていきましょう!