キーワードプランナーを活用したキーワード選定方法のご紹介

図6

そもそも、Google Adwords キーワードプランナーとは?

 

Google Adwords kamagrawiki キーワードプランナー(以下 キーワードプランナー)とは、Adwordsでの広告運用やwebサイトのコンテンツ作成などをする際にキーワードの検索数や入札単価・予算などを調べることができるGoogleから提供されている無料のツールです。
WEB広告の運用やwebサイトのコンテンツ作成を行う際には、キーワードプランナーを有効活用してキーワードの選定に役立てましょう!

 

キーワードプランナーの簡単な使い方

 

1、キーワードプランナーにログインしましょう。
Adwordsのアカウントが必要となるので、ない方は下のリンクからAdwordsのアカウントを作成しましょう

 ⇒https://www.google.co.jp/adwords/

キーワードプランナーのログイン

 

 

 

2、「新しいキーワードを見つける」の「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索」

をクリックし、調べたいキーワードを入力しましょう。

キーワードプランナーの使い方

 

 

 

3、必要に応じてターゲット設定や期間などを変更し、「候補を取得」をクリックしましょう。

キーワードプランナーの使い方

 

 

 

4、下の画面では、平均検索ボリュームの傾向や広告グループ候補についてのデータを見ることができます。

 

キーワードプランナーの使い方

 

 

 

5、上記の画像の「キーワード候補」をクリックすると下の画面に移ります。この画面では、先ほど記入した

キーワードについてのデータと、その下にキーワードに関連する複合キーワードをチェックすることができます。

キーワードプランナーの使い方

 

これが主にキーワードプランナーを使用する際の簡単な手順となります

 

 

 

 

キーワードプランナーでのキーワード選定のポイント

 

①月間検索ボリューム件数が多いこと
⇒月間検索件数が多いと、検索される可能性が高いことが分かります。

 

②競合性が低いこと
⇒比較的上位化しやすい傾向にあります。

しかし、競合性が高いからといって上位化が難しいということではないので、競合性で判断するよりもそのキーワードで実際に検索してみて他社サイトをチェックしながら判断した方がよいと思います。

 

③入札単価が高いこと
⇒単価が高くても、その分売り上げが見込めるキーワードだと判断できます。

 

この3つの中で一番に優先するのは①月間検索ボリューム件数が多いことです。①に特に注目して、キーワードを選定しましょう。
また、どの複合キーワードが検索されている回数が多いかについても確認しましょう。

 

ただし、検索ボリュームが多いというだけで、多くのアクセスを集められるという訳ではありません。
競合他社の調査なども同時に行い、需要が多いキーワードなのか、それとも供給が少ないキーワードなのかを見極めることも重要となります。
このようなポイントを押さえながら、キーワードプランナーでメインキーワードを選定し、そしてそのメインキーワードの関連語・複合語を抽出しながら、WEB広告の運用やwebサイト上のコンテンツ作成などに活用していきましょう。
キーワードプランナーで調査した検索件数の多いキーワードを使用し、様々なキーワードで検索されるサイト・広告に仕上げましょう。

 

まとめ

今回、基本的なキーワードプランナーの使い方とキーワード選定のポイントを紹介させていただきました。

まだまだ有効かつ便利な機能がキーワードプランナーにはあるので、使いながら色々と試されることをおすすめします。

また、無料のツールなのでキーワードプランナーを使ったことがない方は、ぜひこの機会に活用してみてください。
キーワードプランナーを使ったことがある方は、今回紹介したポイントに注意しながら再度キーワードを選定し、検索されるwebサイト・有効なWEB広告の運用への改善に役立ててみてください。