リリースから1月経過!Yahoo!のアクセス解析とは?

業界のかたはすでにご存知の方も多いかと思いますが、10月30日にyahooから新しい解析ツールがリリースされました。
すでにリリースから1月以上経っていますが、これからのYahoo!への期待も込めて、ご紹介させていただきたいと思います。

現在は広告アカウントから閲覧することが出来ます。
アクセス解析なんてGoogle Analyticsで十分とお考えの方も多いとは思いますが
一度使ってみれば、Yahoo!の良さに気づいていただけるかと思います。
さすが直感的に操作できることを強みとしているだけに、非常に見やすいインターフェースで
アクセス解析なんて今まで使ってなかったという人も、初めてアクセス解析に触る人にも、Google Analyticsよりわかりやすいじゃないかと思いますのでオススメです。

以下にオススメポイントをまとめてみました。

 

◇おすすめポイント

・開発元の企業が、日本の企業のため日本語が自然!

さすがのGoogle?でもちょっとおかしな日本語が使われていましたが、
Yahoo!のアクセス解析では自然な日本語でヘルプもわかりやすくなっています。

・ユーザーの見たページがわかりやすく追跡できる。

訪れたユーザーがどういったページ遷移でお問い合わせに至った、
どこで離脱した、どのページをどれくらい見ていた等の情報を見ることができる機能がデフォルトでついています。
こんなイメージです。

yahoo足あと

・どんな企業から見られたなどのデータを見ることが出来ます。

「なかのひと」等のツールを作っている会社、株式会社ユーザーローカルという会社とYahoo!がパートナーシップを結んだため使えるようになった機能です。

 

・リスティングとオーガニック検索の切り分けが簡単。

GoogleとYahoo!の切り分けもできているので、簡単にデータ検証が可能です。
Google Analyticsを使っていると、リスティングとオーガニックの切り分け設定に苦労したことがある方は
多いのではないのでしょうか?アドワーズ広告であれば、アナリティクスとのアカウント連携機能を使えば、
両者の切り分けができますが、Yahoo!のリスティングを計測するにはちょっと手間のかかる処理が必要です。
それがこのYahoo!アクセス解析では自動で出来てしまいます。

 

まだまだ出たばかりでヘルプやノウハウが少なく、プロモーション広告やyahoo!タグマネージャーを使わないといけなかったり、
いろいろ不便なところもありますが、これからどんどん進化していくであろうYahoo!のアクセス解析を是非お試し下さい。