米検索エンジン市場では引き続きグーグルが首位!!日本では??

検索エンジン

先月、米国の検索エンジン市場では10月もグーグルがシェアトップを維持しました。

マイクロソフトはわずかにシェアを拡大、逆にヤフーのシェアは低下してます。(米調査会社コムスコアの発表)

 

10月のグーグルのシェアは67%と、前月から変動はなし。マイクロソフトのシェアは18%でした。

ヤフーのシェアは先月より低下して11%となっています。

王者グーグル、さすがですね!

 

 

では、国内はと言うと。。。

 

googleのシェアが約48%、ヤフーは約41%とほぼ互角になってます。(2013年10月当社調べ)

日本ではまだまだ、ヤフーの人気も根強いです!!

ただ、数年前まではヤフーのシェアが圧倒的に多かったんですが、近年ではグーグルクロームの登場や利便性が充実し、シェアを拡大しつつあります。

 

ちなみにアジアではどうなの?

ということで、少し調べると面白いデータが出てきました。

 

 

《2012年Q4 アジア主要12ヶ国検索エンジン市場シェア【国別】》

・中国     百度  (73%) 360捜索(10%)

 

・インド    Google(97%) 他   ( 3%)

 

・日本     Google(43%) Yahoo!(46%)

 

・インドネシア Google(96%) 他   ( 4%)

 

・韓国     Naver (66%) Daum (14%)

 

・フィリピン  Google(82%) Yahoo!(16%)

 

・ベトナム   Google(95%) 他   ( 5%)

 

・タイ     Google(99%) 他   ( 1%)

 

・マレーシア  Google(91%) 他   ( 9%)

 

・台湾     Yahoo!(65%) Google(34%)

 

・香港     Google(65%) Yahoo!(33%)

 

・シンガポール Google(88%) Yahoo!( 8%)

実に8ヶ国でGoogleがシェアTOPとなっています。

 

 

アジアから見てもグーグルのシェアってやっぱり大きいんですね!!

 

しかし、シェア率は高いんですが、ユーザーシェア率ではまた違ったデータが出てきてるんですね。

 

この続きは次回に。。。

 

SEMコンサルタント (大森)